レンタカーで事故を起こしたらどうする?

旅行先で効率よく動くためにレンタカーを利用することもありますし、引越しなどの際、トラックを借りたりすることもあります。
都市部では車を保有していなくても交通網が発展しているので困ることもありません。
そのため旅行の時だけ、必要な時だけレンタカーを利用することも多いのです。

しかしレンタカーを運転している時に交通事故を起こしたら?その対応について理解していない人も多いと思います。
レンタカーで事故を起こした場合の賠償について知識を持ちましょう。

レンタカーで交通事故の賠償はどうなる?

レンタカーはとても便利なシステムですが、交通事故を起こした場合には誰が賠償責任をおうのか、理解することは重要なことです。
自家用車で事故を起こした時にはその車の保険を利用して賠償することになります。
レンタカーも同様で相手にケガをさせたり物を壊した場合、レンタカーを利用していた人が賠償を負うことになるのです。

ただし、レンタカーには通常保険料がレンタカー費用に含まれています。
若しくは借りる時にプラスいくらか払うことでレンタカーの保険を利用できるのです。
一般的に対人賠償責任補償、対物賠償責任補償に加入している場合が多く、レンタカー会社によっては、人身傷害保険や車両保険などに加入していることもあります。

レンタカー利用者が費用負担する可能性はない?

レンタカーで交通事故を起こしても通常、レンタカー会社が保険に加入し、レンタカー費用に含まれているので、支払うことはありません。
対人賠償責任保険に関しては多くが無制限としているので、レンタカー利用者が賠償することは少ないでしょう。

ただし、対物賠償責任や人身傷害保険は一定額の補償となっている事があり、その場合で損額が大きく限度額を超える時には、レンタカー利用者が費用負担する可能性もあります。
限度額内に収まってもレンタカー会社による免責がある場合、レンタカー利用者の負担となることもあるのです。

レンタカーで事故を起こしたらまずレンタカー会社に連絡

レンタカー利用時に交通事故を起こした場合、被害者の確認を行い被害者がいる場合には警察、救急に連絡し被害者の安全と後続車両による事故が起きないように自動車を安全な場所に移動させます。
これは自分の車で事故を起こしたときの初動対応と同じです。

これにプラスしてレンタカー利用中の事故の場合、レンタカー会社にも連絡が必須となります。
レンタカー会社に連絡せず事を収めようとしたり、警察に連絡しないことで保険の補償が受けられないこともあるので必ず連絡するようにしましょう。

レンタカーを利用する前に、保険がどうなっているのか、確認することも必要です。
免責がある場合には免責保障制度を上乗せして負担をなくすこともできるので、保険に関する確認は必須と考えておくほうが安心して利用できます。