エコドライブってどういうこと?

エコドライブという言葉をよく聞くようになりました。
エコドライブの配慮のある車も各メーカーから販売されていますし、各自治体でもエコドライバーのコンテストを開く等、推奨しているようです。

ただエコドライブといってもどういうことなのかわからないという人も多いといいます。
エコドライブの目的は地球温暖化防止対策となりますが、その他の目的も持っているので知識をもち、意識してエコドライブすることが必要です。

エコドライブの基本とは何か

エコドライブは自動車を運転することで排出される二酸化炭素を抑制し、環境に配慮した運転をすることです。
自治体が推進していますが、最近は企業もエコドライブを推奨しステッカーなどを貼っている車両も見かけます。

基本は緩やかな発進、一定速度の走行、早めの減速という三つを意識した運転です。
つまり、運転免許を取得したときの気持ちに立ち返り、安全で周囲に配慮した運転を行うことが必要となります。

エコドライブの目的は環境への配慮ですが、それ以外に自動車の燃費向上やタイヤの劣化予防といった運転に関してもメリットがある行動となるのです。
エコドライブを意識することで交通事故防止にも役立ちます。

エコドライブは交通事故防止になる

エコドライブの発進、走行、減速への配慮を知ると、安全運転に貢献する行動だとわかります。
我儘で利己的な運転をすれば交通事故は多くなりますが、エコドライブを意識ことで自然と交通安全に配慮した運転ができるのです。

自動車の急発進、急停止をしない、安定した走行速度を守る、こうした周囲の車、歩行者などにやさしい運転を心がけるエコドライブに徹すれば、自然と交通事故も少なくなるでしょう。
エコドライブは交通事故防止の施策としても考えられています。

eスタート・エンジンブレーキの減速・余裕を持った運転

エコドライブの基本はeスタート・エンジンブレーキの減速・余裕を持った運転です。
eスタートはゆっくりと発進することで排気ガスを減らし燃費を向上させることができます。
また急発進をしないことで重大な交通事故の予防ともなるのです。

エンジンブレーキを使って減速することで余計な燃料を利用しない運転になります。
エンジンブレーキを利用すれば冬場、凍結している道路の走行も安定させることが可能です。

時間に追われることなく余裕を持った運転をすることで危険を回避できます。
イライラしたり焦っていると自分の気持ちのコントロールができないため、危険運転につながりますが、余裕を持った気持ちで運転することで安全な運転が可能となるのです。

日本は二酸化炭素排出量が多い国

日本は世界で4番目に二酸化炭素排出量が多い国です。
エコを意識した生活をしている方にとってはびっくりする結果ですが、豊かな生活の陰にはこうした地球環境への弊害があり、そこに配慮することが日本人にとって義務だと知るべきでしょう。

一人一人がエコドライブを意識することで地球環境をよくすることに貢献できます。
またエコドライブによって人にも車にも優しい運転ができ、交通事故抑制にもつながるのです。