緊急自動車とはどんな車のことか

緊急自動車とは、道路交通法の中において、特別な存在で法律から除外されています。
そんな車と接触してしまったり、運行の妨げになったりするとそれが交通違反になるのです。

具体的に緊急自動車を挙げてみると、救急車、消防車やパトカーです。
さらに、血液や臓器を運搬する車両やガス会社の緊急作業車、自衛隊の車両もあります。
そして、高速道路のパトロールカーなども含まれるのです。
このような車は緊急自動車なので、公道を走行する際は「緊急自動車の優先」になります。

道路交通法第39条には、緊急自動車はやむを得ない場合は追い越しをすることができ、停止しなければいけない時でも停止する必要はなく、徐行運転でよいということです。
また、道路交通法第40条においては、緊急自動車ではない自転車も含む一般車両は、緊急自動車に道を譲らなければいけないとあります。
それをしないと、道交法違反「緊急車妨害等」になるのです。

緊急自動車との事故があったらどうなる?

もしも、うっかりして緊急自動車の運行を妨げてしまい、衝突してしまったら、どのくらいの過失になるのか考えてみます。
前の項に書いた通り、緊急自動車は特別にその存在を認められた車です。
その名前の通り緊急なことに対処するために存在する車なので、赤信号でも交差点へ進入可能ですし、対向車線の走行も可能になっています。
つまり、こうした緊急自動車を優先して走らせることは道交法上で決められていることです。

一般車がそうした決まりを無視して、緊急車両にぶつかってしまったら、その過失は当然、一般車のほうが大きくなるでしょう。
一例を挙げてみます。
もしも、一般車が青信号で交差点に入り、交差する道路を走ってきた緊急自動車と衝突したとしたら、その過失は一般車:緊急自動車とすると8:2です。

このように、緊急自動車の進路が赤信号でも、悪いのは一般車になります。
さらに、緊急自動車が徐行して交差点に入ったり、先に交差点に進入していたりした場合だと、もっと一般車の過失が重いです。

緊急自動車には道を譲る

もしも、あなたが車を運転しているときにパトカーや救急車などの緊急車両のサイレン音が聞こえたら、緊急車両を優先するようにしましょう。
一般車同士や車と人間、車とバイクなどで事故になったら、その状況からどちらに過失があるのか算出されて、その割合で双方の負担になるか慰謝料なるか決められます。
その場合、事故の相手が歩行者であるか、2輪車なのか、あるいは車であるかで負担の割合は変わるのが一般的です。

その場合は、道交法を守っていたかという点が過失の割合を出す目安になりますが、どちらかが緊急自動車であれば、そちらの方が優先される存在なので、そういった目安は適用外です。
緊急自動車が通ったら、交差点を避けて道路の左側によって一時停止するように教習所で教えられたはずなので、その通りにしなければなりません。
緊急車両のサイレンが聞こえたら、その車両の走行を邪魔しないようにしてください。