良くある野生動物の事故のケース

もしも、運転中に野生の動物が飛び出してきて事故を起こしてしまったら、どうすればよいのでしょうか。
事例で検証してみます。

ある男性は、夜間、慣れない田舎道を運転していました。
その時、急に何かが飛び出してきたので、急いで車を停めたのですが、間に合いませんでした。
見ると、そこに倒れていたのは野生のタヌキだったのです。

まずはどうすればよいか

上記のケースの場合、タヌキが生きているか、死んでいるかでとるべき行動が変わります。
このケースの場合、タヌキが怪我をしただけで生きていたので、男性はタオルで包んだタヌキをダンボールに入れて付近にある動物保護施設に連れて行きました。

この男性の場合、タヌキはおとなしかったようですが、大型動物でも小動物でも、暴れていて触ることもできない場合は、上記施設へ連絡して専門家の指示を待ちます。
また、ありがちなのは野生動物が病気を持っていることです。
そういった万が一のことを考えて、保護する際は素手で触ってはいけません。
軍手や厚手のタオルなどで、きちんと自分の手を覆って触るようにしましょう。

もしも、タヌキが死んでいたら、対処法は変わります。
その場合は、一般道ならば、市町村役場か警察に連絡してください。
高速道路であれば、全国共通道路緊急ダイヤルに電話して、処理を頼みます。

そして、注意したいのはタヌキの死骸をそのままにしないことです。
後続車が避けるために事故を起こしてしまうことがあるので、可能な範囲で道路の隅に移動しておきます。
その際は素手で触れないように軍手を付けてください。
また、毛やフンを吸い込まないようにマスクも付けた方が良いです。

自動車保険の適用は?

こういったケースの場合、自動車保険の適用が気になりますが、車両保険の種類によっては保障されます。
事故により、車自体も何かしらのダメージを受けますし、同乗者やドライバーが怪我をする可能性もあるからです。

こうした野生動物との接触事故では、賠償責任を求める相手がいません。
そのため、単独事故として扱われることになるでしょう。
自動車保険の車両保険の補償範囲が広い「一般型」であれば、野生動物との接触事故で車が損傷した場合に、車の修理費用などが限度の保険金額ですが、車両保険から保険金をもらえます。
もう一方の「エコノミー型」も、鳥類など飛来中の動物との接触事故であれば、補償の対象です。

さらに、同乗者やドライバー自身への補償は自動車保険に自身や同乗者の補償となる心身傷害保険や搭乗者傷害特約があれば、保険金が支払われます。
もしも、家族以外の同乗者でしたら、対人賠償保険で補償となるかもしれません。
このようなことから、万が一を考えて自動車保険は補償範囲の広いものに入った方が良いということです。