被害者の過失0 のセンターラインオーバー事故

センターオーバーラインの事故があります。
それは、車両が道路の中央部分を超えて対向車に正面衝突する事故です。
その場合の過失割合は、加害者であるセンターラインオーバー車対被害者となると100対0または10対0でしょう。
この場合は被害者の過失は0です。

なぜならば、道路交通法17条4項に車両の通行はセンターラインの左側となっているからです。
また、原則ですが、車は道路の左側に寄って通行しなければいけません。
これは同法18条1項です。

このことは、信号を守るということと同じくらいに基本的なルールといえます。
そのために、ルールを守って左側通行していた車両とセンターオーバーの車両が衝突したら、過失の重さはセンターオーバーした車両にあると解釈されるのです。

例外になる場合

道路の状況によっては、100対0の原則が適用されないケースもあります。
たとえば、車両の行き違いはできても、幅が狭くてセンターラインがないような道路の場合です。
この場合は、幅がありセンターラインがある道路と同じにはできません。

このような狭い道路の場合には、対向車がセンターラインをオーバーしてくることは予測できるので、対向車に十分に注意をしなければならないでしょう。
もし、対向車がセンターラインをオーバーしても、被害者側が気を配っていれば、衝突しなかったとされることもあるのです。
この場合は、被害者側にも過失があるとされます。

つまり、一方通行路や道路左側の幅がそんなにない場合や道路の損壊や工事等のために左側が通れない場合、勾配の急な曲がり角付近にいる場合は、センターラインを越えて右側に出て通行するようにと道路交通法17条5項各号に示されています。
こういったケースでは、センターオーバー車両のみの過失ではないので、100対0にはなりません。
この場合、双方の速度や道路の状況から、過失割合の判断になります。

また、被害者側の前方不注意で、対向車がセンターラインオーバーに気づかず、避難できず正面衝突した場合は、被害者側に10%の過失を認めて、基本の過失割合が90対10になるでしょう。
そして、加害者が他の車両を追い越そうとして、センターラインをオーバーしていた場合は、被害者側の速度違反によるので、被害者側の過失割合が多くなります。

弁護士に依頼

もしも、過失割合で揉めることがあれば、交通事故に長けた弁護士に相談してみてください。
専門家の弁護士に依頼すれば、不利な内容で示談をしてしないで済みます。
それに難しい示談交渉を全て弁護士がしてくれるので、被害者の負担は減るでしょう。
また、弁護士ならば過失割合の交渉がまとまらない場合は、訴訟の提起もできます。

しかし、弁護士費用が心配と思う人も多いでしょう。
もし、保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用はかからず、無料で弁護士に全てを依頼できます。
そのためには、自分の保険を確認して弁護士特約が付いていれば、利用しましょう。

もし、弁護士費用特約なしでも、弁護士によっては契約時には着手金をとりません。
事件が終わって相手方から得た賠償金で、全て清算してくれます。
こうしたとからもわかるように、まずは弁護士に相談してください。