災害が多くなっている日本で考えるべき災害時の運転

近頃は異常気象続きでゲリラ豪雨によって浸水被害があったり、命を落とす人も多くなっています。
地震などの自然災害が起きた場合の車の運転に関しても、地震が多く異常気象による災害が多くなっている日本では知っておくべき知識があるのです。

地震や豪雨に見舞われたときでも、緊急時の運転、対応ができるように正しい知識を持ちましょう。
それによって自分の命、人の命を危険にさらすことも少なくなるのです。

車で走行している時に地震が来たら

台風や豪雨などはあらかじめ天気予報を見て確認することで危険回避できます。
しかし突然やってくる地震への対応は予測できない災害となるため難しいのです。
車に乗っている時に地震が起きた経験がある方に聞いてみると、揺れをそれほど感じなかったといいます。
走行中に揺れを感じるほどの地震はかなり大きな地震だと理解すべきです。

走行中に揺れを感じたらハザードランプを点滅させて周囲の車や歩行者など安全を確認したうえでゆっくり路肩に寄せて停止します。
急ブレーキをかけると追突事故になる可能性が高いので落ち着いて路肩に寄せ停止しましょう。

地震の揺れが収まるまで車から出ず車内で待機し、その間にラジオ、スマホなどで地震の情報を確認します。
トンネルの中で地震に見舞われた場合には、出口が近いようならゆっくり移動しトンネルを抜ける方が安心です。

車から降りて非難する時の注意点

揺れがおさまって車から出て非難する場合や緊急津波警報で即時非難が必要な時は、車をその場に放置して避難する必要があります。
この時、ドアをロックせずキーを付けて避難することを覚えておきましょう。
緊急車両が通る時にキーがついていないと移動させることができません。

避難する時には可能であれば携帯、財布などの必要最低限のものをもって避難します。
もちろん危険が迫っている場合には命優先です。

車を使って避難してもいいのか

地震が発生してから車での避難を考える事もありますが、基本的に地震発生時、車の利用は避けます。
道路にがれきがあって移動できないこともありますし、渋滞によって危険な場所から移動できないこともあるのです。

車は極力利用せず安全なところに停止し、徒歩で非難することが求められます。
津波などが発生している場合、近くに避難できる高い建物を探しますが、建物が近くにない場合にはやむなく車で移動することもあるでしょう。
その場合、停電等で信号が動いていないこともあるので、注意深く運転することが必要です。

アンダーパスのことを理解しておく

アンダーパスとは周囲から掘り下げられている立体交差のことです。
鉄道が通っているところはこうしたアンダーパスが見られることがあります。
このアンダーパスの場所で冠水が起こり、車が水没し命を落とすという事故も起きているのです。

緊急時、こうしたアンダーパスのことを理解していないと危険な目にあうこともあります。
家の周囲、普段利用する道路のアンダーパスを理解しておきましょう。

スマホ、携帯の情報を活用しよう

最近はスマホのアプリで地域の天候を時間で把握できるようになっています。
雲の位置やゲリラ豪雨が起こる可能性などもわかるので、突然の天候の変化にも対応しやすくなります。

雨がひどく降ってきたときや雲の状態などを確認して車を移動させることができるので、普段から使っておくと安心です。
被害を未然に防ぐためにも、こうしたアプリの利用は推奨できます。