出会い頭の事故は重篤な事故になることが多い

交通事故の中で最も多い事故が追突事故、それに次いで多い事故が出会い頭の事故です。
車、歩行者、自転車と出合い頭でぶつかることもあり、重傷事故、死亡事故にもつながるリスクの高い事故になります。

出会い頭の事故が多い場所、要因や起こさないための予防策なども理解が必要です。
加害者、被害者にならないためにも、こうした事故を起こさない知識が必要となります。

出会い頭の事故が起こる代表的な原因

出会い頭の事故が起こる原因は大きく分けて三つ、標識の見落とし、認知ミス、さらにお澪込みの運転です。
見通しが悪い交差点に多い出会い頭の事故の中には、一時停止無視が多いといわれています。

止まれという標識を見落として一時停止なしに交差点に進入し「優先車両」と衝突ということがよくあるのです。
スマホの操作をしていた、考え事をしていたなど不注意で起こる事故が多くなっています。

自分の方が優先だと思い込んで出会い頭の事故になったというケースも多いです。
道幅が同じような道路だと、相手が止まるだろう、こっちが優先だろうと思い込みの運転によって事故になります。

カーブミラーを見ていたのに、相手が来ないか確認していたのに見落としてしまう認知ミスによる事故も多いです。
歩行者、自転車などが死角に入ることも多く、それによって大きな人身事故となることも多いと理解する必要があります。

出会い頭の事故を予防するために必要なこと

左右の確認や安全の確認は車の運転をする者にとって当然行うべきことです。
その上で、出会い頭の事故などを起こさないように、集中した運転が望まれます。

止まれの標識があればもちろん止まることが必要ですが、標識を見逃すということもあるので特に慣れていない道を運転する時には標識をよく見るように心がけましょう。
また多分大丈夫と思わず、一時停止する事が重要です。

相手に自分の車がここにいるよと認識させるために、交差点直前の停止以外、自分の車を相手が各にできる位置で一旦停止する多段階停止も予防策となります。

交差点があるところでは標識を必ず確認することも重要です。
標識を見落としたことで重篤な事故を起こすこともあるので、交差点では必ず標識を確認し、周囲に歩行者や自転車などがいないか安全の確認を行うことが必要となります。
夜間は標識を見落としやすいので、特に夕暮れや夜間など視界が悪い時には慎重な運転を心がけましょう。

優先道路でも相手の確認と過信しないことが重要

優先道路であっても交差点では勘違いして停止せず侵入してくることがあるので慎重に運転します。
カーブミラーを確認し対向車が停止しているのを確認し、ゆっくり発信すべきです。
すぐに停止できる速度でいれば対向車が勘違いして侵入してきても停止することができます。