駐車場でも起こりうる重大な交通事故

駐車場内で人がいることに気が付かず引いてしまい死亡事故になったなど、駐車場という所は案外交通事故が多い場所です。
交通事故の中でも駐車場の事故は多発傾向にあり、全体の交通事故の割合を見ても30%と高い数値になっています。

交通事故は道路上で起こるもの以外に、駐車場で起こることも多いので加害者、被害者にならないように駐車場の事故についても注意が必要なのです。
駐車場で起こる交通事故とはどのようなものなのか、回避するポイントとともに理解しましょう。

駐車場内でよくある交通事故

運転に慣れていないと駐車するスペースに車を入れる時、接触事故を起こすことがあります。
歩行者が待っていたり他の車が待ってくれていると焦って隣の車に接触ということもあるのでゆっくり、自分のペースで駐車すべきです。

バックミラーやサイドミラー、目視によって自動車の位置を確認し焦らず駐車することがポイントとなります。
最近は駐車のサポートとしてカメラを利用することもできるので、そうした車のアシストなども活用すると安心です。

入庫している車と出庫する車がぶつかることもあります。
この場合、お互いに周囲をよく確認していなかったこともありますし、お互いの位置を確認していても動かないだろうと勝手に思い込むことで事故が発生することもあるので注意が必要です。

歩行者が歩いていることもあるので、入庫、出庫の際には人身事故になることも多く、すぐに停止できる徐行運転で少しずつ移動させることが必要となります。
駐車場の事故は大きな事故になることは少ないのですが、人をはねてしまった場合、死亡事故となることもあるのでリスクを頭に入れて注意深く運転すべきです。

駐車場での事故を予防するための知識

駐車場の事故は安全運転とゆっくりとした速度の運転で回避する可能性が高くなります。
駐車場に侵入する時には一時停止が原則です。
外の道路の法定側のままで入っていって減速しているつもりでも、実はそれほどスピードが減速されていないこともあります。

周囲の人が見るとひどいスピードで入ってきたと感じることもあるので、自分が思う緩いスピードよりもさらにゆっくりとしたスピードにするのがコツです。
歩行者、他の車の安全のためにも徹底した減速と一旦停止を忘れないようにしましょう。

駐車場内に入ってからもすぐに停止できるくらいのスピードで移動します。
歩行者と同じくらいのスピードで移動することによって子供が飛び出してきても停止することが可能です。

駐車する際にはさらにスピードを緩めて駐車するスペースの両隣に車がいる場合、中に人がいないかどうかも確認します。
人がいる場合、ドアを突然開けることも予測できるからです。

駐車場から出る時にも安全策をとる

駐車場から出る時にも出会い頭の事故が多くなります。
また歩道を歩いている人、自転車で走っている人にぶつかる危険性もあるので、十分注意が必要です。

駐車場を出る時には歩道を横切ることになるので、左右の確認をしっかり行い、人、自転車などがいないことを注意深く確認し慎重にゆっくり出ていきます。
車道に出る時にもバイクが死角から出てくることがあるので、一旦停止し、周囲を確認してからゆっくり車道に出ることが必要です。