駐車場内事故について

自動車事故の割合において、駐車場内の事故は比較的多くを占めています。車のスピードが緩くなる場所だからといって、事故の心配はないと安心する人は多いのではないでしょうか。確かに駐車場は車を駐車するため、スピード自体は遅くなるといってもドライバーの注意が散漫になってしまう場所でもあるのです。

一般道路では、道路によって定められた時速を保つため、前後の車の流れにのって走っています。一方で、駐車場内は、駐車スペースを探すことでよそ見が多くなりがち。横からの歩行者に気づかなかったり、前の車に追突してしまったりと事故に繋がる原因は沢山あります。

今回、駐車場における事故のパターンや心構えに関して紹介していきます。

駐車時に起こる事故

交通事故の3割は駐車場内で発生しているといわれています。よくある駐車場内事故のパターンの1つに、駐車スペースに入れようとした際に、他の車との抵触事故が挙げられます。なぜ駐車行動が事故に繋がってしまうのか、掘り下げます。

駐車時は、歩行者や後方の自動がこちらの行動を待ってくれているというケースが多々あります。それによって、相手に待たせるのも、申し訳ないと思う人も多いのでしょう。焦ってスピードをだしてしまい、無理のある駐車をしてしまいがちに。教習所で基本とされるサイドミラーやバックミラーの目視チェックを怠ってしまうことも多くなるのです。

これによって、本来確認すれば事故を未然に防げたものを自分から視界を限定。事故に繋がってしまうのです。また、運転手の確認不足だけでなく、駐車スペースが狭い場合にも隣に駐車している自動車との抵触事故を起こしやすくなります。

もちろん、車同士の事故だけでなく駐車場を歩く人との接触事故もあります。不注意になりがちな駐車場で子供や高齢者とぶつかってしまう危険性も考えられます。

安全運転を心がけましょう

駐車場内では、ゆっくりした速度を保つことだけでなく、目視チェックを意識しましょう。10km以下の徐行運転(車がすぐに停止可能な速度)にします。歩行者が多い場合や夜で視界がハッキリしない場合はさらに減速し4km以内に留めて走りましょう。地下に駐車場が設置されているところではライトを点灯します。

特に意識するポイントとして、駐車場内の出入り口付近や歩行者の様子、駐車場内を支えている柱やフェンスなどの物にも注意が必要です。また、相手を待たせていたり後続車から急かされたりしても、焦らず視野を広げて運転してください。安全対策を意識し、運転中は常に気を張りましょう。