全国の中で交通事故が多いのはどこか

各都道府県で交通事故が発生していますが、その発生率について番付をつけています。
これは日本全国47都道府県が対象となっており、交通事故発生率を各地域で算出してランキングとして提供されています。
公共交通について整備がどうしても遅れてしまっている地域というのは、人口が多くなっていると車も増えていきます。

これによって交通事故の件数が増えていくことは当たり前といってもいいでしょう。
交通事故について発生件数をチェックしていくだけでは、発生してしまう地域と言い切れることはできません。

人口に対して交通事故の発生率がどのくらいか見ていくと、自動車の数が多くなっている愛知県が最も多くなっています。
愛知県は長い間交通事故の発生件数についてもトップクラスとなっており、警察などでも問題視されています。

ただ交通事故の原因をチェックしていくと、ドライバーのマナーが悪くなっているというケースが一概にはありません。
交通事故の発生率で判断することができますが、愛知県のドライバー以上にマナーが悪くなっている地域も色々とあります。

大都市が一概に事故が多いとは限らない

愛知県が最も多いですが、大都市圏の方が人も多いので交通事故が発生しやすいと考えている人も多いです。
しかし他の地域より入ってきて交通事故を引き起こしてしまうということもありますので、一概に大都市圏で交通事故が頻発しているというわけではありません。

東京都内などでは交通事故率が低くなっている傾向にあり、郊外の方に行くほど発生率が高くなっています。
見通しの良い道路が多い地域では、交通事故率が高くなっていますので、事故防止の意識を常に持っておかなければなりません。

マナーが良くないといわれている都道府県とは

交通事故率が低くなっているものの、交通マナーが悪い傾向にある都道府県というのも発表されています。
マナーが良くない都道府県といわれている県で、香川県は利己的な人が多いといわれています。

そして高齢者も多くなっている地域でもあり、事故が顕著にデータ等でも見えてくることがあります。
向こうが自分から避けられると思われて、交通事故になってしまうというケースになっています。
運転手側と歩行者側が意識が合わないために発生する交通事故が増えているため、警察などでも啓蒙活動が行われています。

他にも佐賀県では道路舗装率が100パーセント近くになっています。
良好な道路事情なのですが、交通量が自然と増えてきたため交通事故も増えてきています。
交通マナーの悪さも香川県と同じ傾向にあり、警察も躍起になって事故防止に関して活動を行っています。
各都道府県で交通事故が発生していますので、常に安全運転を心がけていくようにしましょう。