交通事故はどうして起こるのだろうか

交通事故は起こしたくて起こすわけではない、これはみなさん同じ気持ちですが、何らかの事が起因して交通事故が起こり、車の運転をしている限り、誰もが加害者、被害者になる可能性を秘めています。

交通事故はドライバーの運転、またその周囲の環境や状況に影響を受けて発生するといわれています。
ドライバーの認知不足、判断ミス、操作ミスなどのヒューマンエラーによって起こる交通事故がほとんどです。

こうした理由から交通事故が起こるため、その事故対策は個人に向けられています。
しかしドライバーがヒューマンエラーを起こす背景として、技量、性格などの個人的要素以外、仕事のノルマ、人間関係など仕事、企業の影響もあり、交通環境の中でその要因は様々な事となっています。

交通事故発生の仕組みとは?

交通事故はドライバー起因としても、周りの影響を色濃く受けることが多く、個人の資質による要因もあります。

環境としては道路環境、気象、交通状況、車両状況、地域性などがあり、企業や断代の影響としては時間制限、業績、ノルマ、人間家計などがあります。
個人の要因としては運転の技量、性格、体調、それにストレスや精神的状態等も大きくかかわります。

道路環境が悪いと運転技術が未熟な人ほど交通事故を起こしやすくなりますし、雪が降っていたり、雨がひどく降っている場合、路面状況が悪く事故となる事もあります。
子どもが多い場所や、高齢者が多いとなると横断歩道上の事故なども多くなりますし、人と環境が組み合わさって事故になります。

企業の中で営業成績が悪く、仕事をとってこいと言われたり、もっと頑張るようにといわれてそれが頭の中を巡り、交通事故になってしまったという方もいます。
荷物の配送を行っている場合、時間やノルマに追われて睡眠時間を削ったり疲労運転になり、交通事故となる事もあります。

この場合、企業団体と個人の要素が絡み合って起る交通事故と考えることができます。
運転が未熟だったり、元々運転が苦手でおっかなびっくり運転している、また最近は高齢者ドライバーの事故が多発しており、これも個人的な要素となります。

体調不良で大きな事故になったり、ストレスがかかり精神的に不安定になり事故を引き起こしたという話も多いです。

もしも企業の従業員が事故を起こした場合、企業は大きな利益損失を被る事も多く、交通事故は個人要素も含めて企業団体、また交通環境などもよく配慮し、総合的に交通事故を少なくしていくために何が必要なのかを考えることが必要なのです。

事故の発生原因となるのは個人の要素ばかりではなく様々なことが要因となるという事を理解し、企業、団体、個人がそれぞれ交通事故を起こさない取り組みを行っていくべきでしょう。