加害者となった時に

注意を払っていても、事故の加害者となってしまう可能性は十分にあります。
この時、最もやってはいけないのが気が動転して現場から逃げてしまう、いわゆるひき逃げです。
必ず事故を起こしたらその場に停車し、事故の加害者としてやらなければならないこと行いましょう。

まず最初に行なわなければならないのが、被害者の救護です。
事故直後には負傷者である人も、適切な対応が取られなければ死亡者になってしまう可能性があります。
そうなると自分自身の罪も重くなりますから、必ずしっかりとした救護を行なうようにしましょう。
意識の確認や止血、気道確保、心臓マッサージなどの救護措置を行いつつ、119番通報で救急車を要請します。

また、同時に行なわなければならないのが危険防止です。
事故の場所によっては、後続車などによって二次災害を起こしてしまう可能性があります。
停車表示板を置いたり、発煙筒を炊くなどして問題があることを後続車に連絡しましょう。

これらが終わったら、警察に連絡します。
軽度な交通事故であっても、加害者は警察に連絡することが義務となっています。

やってはならないこと

事故の加害者として、やってはならないこともいくつかあります。
最たる例は最初に説明したひき逃げですが、それ以外にもいくつかの問題行動があります。
まず、その場でもって示談を進めてしまうことです。
示談については、より詳しい状況の確認が必要となり、その場で決めてしまうべきことではありません。

さらに、お互いの保険会社が仲介に入ることが考えられるため、必ずその場では決めてしまわないようにしましょう。