入通院慰謝料

交通事故に伴う慰謝料には大きく2つの種類があります。
一つは、事故に伴う入院・通院に対する慰謝料である「入通院慰謝料」です。
もう一つは、事故に伴う後遺障害に対する慰謝料である「後遺障害慰謝料」です。

まずは入通院慰謝料について見て行きましょう。
入通院慰謝料は、比較的係争に発展することが多い賠償金となっています。
というのも、被害者側が適切な額で応じてくれない場合などが多いことに起因しています。
自動車保険会社に対して良いイメージを持っていないために、言いなりにならない、と考えている人も多いのが現状です。

入通院慰謝料の計算には、3つの式が存在しています。
一つ目は、自賠責基準で行なう慰謝料の計算式です。
これは自賠責保険の規定しているもので、「入院期間、あるいは実通院日数の二倍のうち、少ない方をベースに計算する」というものです。
この内、少ない方に対して日当たりの慰謝料設定額、4200円を乗算するのがこの計算方法となります。

二つ目は、任意保険基準の慰謝料計算式です。
こちらはそれぞれの任意保険会社が持っている基準を元にして計算するものであるため、決まった数値があるわけではありません。
保険会社によって賠償額に違いが生じるのはこの例があるためです。

三つ目は、弁護士基準の慰謝料計算式です。
これを元にして計算を行なうためには、少なくとも弁護士を立てて係争を行なう必要があります。
コストパフォーマンスを検討しつつ、計算式の選択を行なう必要があります。

後遺障害慰謝料

もう一つの慰謝料である「後遺障害慰謝料」は、障害等級によって決まった金額が設定されているため、ほぼ係争が発生しないという特徴があります。
事故によって発生した障害を病院で認定してもらい、その等級に応じた慰謝料が賠償額として設定されます。

最も重い障害である1級の場合、裁判所慰謝料が2600万円から3000万円、任意保険慰謝料が1300万円、自賠責保険慰謝料が1100万円です。
最も軽い14級の場合には順に、90万円から120万円、40万円、32万円となります。