保険事故とは?

保険について考える時に、知っておくべき言葉として「保険事故」というものがあります。
保険事故というのは、保険会社が保険金を支払うことになる事故のことを指しており、自動車保険における人身事故などがこれに該当します。
この保険事故に該当するためには、3つの基準が存在しており、これらを満たしていなければなりません。

まず一つ目は、「偶然性」です。
保険というのは、あくまでも契約時には分からない、今後発生するかもしれない「偶然の事象」に対して備えるためのものです。
そのため、保険加入の時点でその後に発生することが分かっているものは保険の対象とはなりません。

次に、「一定性」です。
これは、保険の規定する一定の基準に基づいて範囲の規定が行なわれていることが条件となります。
契約に基づいた範囲を超えている場合には保険事故とならず、保険金の支払いは行なわれません。

そして三つ目は「その他、公序良俗に違反していないこと」が挙げられます。
自動車事故の場合、保険者に明らかに意図的と思われる問題がある場合には保険事故とはなりません。

保険の働き

では、交通事故における保険の働きとはどのようなものでしょうか?
まず一つ目に、自分が被害者となった場合の補償を行ってくれる、ということが挙げられます。
すべての自動車保険がこれを補償してくれるわけではなく、搭乗者保険などがこれに該当します。

二つ目に、自分が加害者となった場合の賠償の補償を行ってくれる、ということが挙げられます。
自賠責保険はこのための保険です。
任意保険も多くがこの目的のための保険となっています。

そして三つ目は、事故を介して被害者・加害者間で係争が起こった場合の仲介を行ってくれることです。
示談など、自分一人では難しいことを代行してくれます。