事故の被害者になってしまったら

不幸にも自分が交通事故の被害者となってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?
意識がないような事故の場合についてはその場で出来ることはありませんが、意識がある事故の場合には事故現場で行なわなければならないことがいくつかあります。
まず、事故の加害者の身元や車の情報を確認することです。
まずは必ず、相手の免許証を提示してもらい、記載事項のメモをとっておきましょう。

加害者が免許証の提示を拒む場合には、事故を起こした車のナンバーを記録しておきます。
出来ればカメラなどで撮影しておきましょう。
車のナンバーがあれば陸運局で持ち主の情報を照会することができます。

次に、警察へ連絡する必要があります。
警察への連絡は、事故の内容に関わらず、義務として規定されています。
本来ならば加害者が連絡しなければなりませんが、相手がしない場合には被害者の自分で連絡をします。

警察への連絡の後に

警察に連絡をしたら、すぐに自分の加入している任意保険会社への連絡を行いましょう。
最近では24時間対応をしている保険会社が多いため、時間帯に関わらず連絡を出来る場合が多くなっています。
保険会社によっては夜間対応ができないというのであれば、翌日できるだけ早い段階で連絡を入れるようにしましょう。

また、事故状況について自分の出来る範囲で記録をしておくのも重要です。
その後警察が到着し、現場検証が終わったら病院に向かい、診断書を貰うようにしましょう。