バイク・自転車の転倒

次に紹介するのは転倒事故についてです。
まず最初に、バイクや自転車に乗っている際に転倒してしまう、というケースについて紹介します。
バイクや自転車などは、二輪と足によってバランスを取っています。
走行時はタイヤの回転によって車体が安定しているので転倒してしまう可能性が低いですが、特に注意しなければならないのが停車した際です。

推進状態ではない二輪車は非常にバランスが悪く、どちらかの足を付いてささえる、という動作が必要になります。
自転車の場合には車体が重く支えきれないということは少ないですが、バイクの場合にはその可能性があります。
特に急ブレーキなどで停車した場合、足の準備が追いつかずに変な姿勢になってしまって転倒を起こすという事故の可能性があります。
バイク自体が重いこともあり、勢い良く転倒すれば骨折などの重傷を負う可能性は十分にあります。

さらに注意しなければならないのが二次災害です。
転倒してしばらく起き上がれない処に、別の車が来る、といったようなことでより甚大な被害を被る可能性もあります。

歩行者の転倒

バイクや自転車に乗っていなくとも、転倒してしまう可能性はあります。
特にある程度年齢を重ねてくると足腰が弱くなり、ちょっとした事で転倒してしまう可能性が強くなります。
そのため、自宅の階段や風呂場のように安定の悪い場所で転倒を起こす可能性が高いといえます。
特に風呂場の場合、浴槽に頭を打って亡くなってしまうケースもあるため、あまく見てはいけません。

また、自動車と関わる歩行者の転倒事故というのもあります。
例えば自動車、バイクの思わぬ動きに驚いて転倒した、という場合、交通事故として扱われてしまう可能性もあります。
ドライバーとしても、歩行者としても注意しなければならないことです。