事故にも色々

一口に事故と言っても、その種類は様々です。
このサイトは基本的には交通事故について扱っていますが、その他にも不慮の事故というのはいくらでも起こりうる可能性があります。
そこでここでは、自動車事故・交通事故に限らず、誰にでも発生する可能性のある事故に関して少しずつ紹介します。
ある程度の予防が出来るもの、予防が難しく、事後対応になるものなど様々ですので、それぞれのことに注意を払っておきましょう。

まず最初に、事故の種類は大きく2つに分類する事ができます。
一つは「天災」を起因として発生する事故です。
これに関しては、原因自体を取り除くことがほとんど不可能であり、起こってしまった場合にどれだけ被害を少なくすることが出来るか、あるいは被害が出てしまった後にどれだけ早く元に戻すか、ということが求められます。

もう一つは「人災」を起因として発生する事故です。
交通事故を代表に、人間のミスなどが原因になって発生します。
それによって自分に被害が発生するものもあれば、他人に被害が及んでしまう場合もあります。
自分が被害者である場合、これもまた天災と変わらず原因にを取り除く事自体は難しく、どのようにして被害を軽微にするのか、ということが求められることになります。

では、より具体的にどのような事故があるのかを紹介します。

こんな事故がある

まず最初に「落下事故」というものについて紹介します。
落下事故には大きく2つのパターンが考えられます。
一つは「自分が落下する」タイプの落下事故です。
そしてもう一つは「何かが落下してくる」タイプの落下事故です。

前者については自分の注意などによって対応することが出来る事が多い事故であるといえます。
対して後者については自分の注意では対応しきれない場合もあります。
落下事故が発生するとどのような被害が及ぶ可能性があるのか紹介します。

次に「転倒事故」というものがあります。
これも、自分自身がバイクや自転車などに乗っていて転倒してしまうパターンと、他の人が転倒をするのに巻き込まれてしまうパターンが考えられます。
転倒事故によって発生しうる怪我の規模や、後遺症の危険性などについて紹介します。

三つ目は「水難事故」です。
四方を海に囲まれている上に雨の多い日本では、水による事故の可能性が高いといえます。
こちらについても、どのような危険性があるのか、ということを中心にして紹介します。
同時に、対策についても紹介します。

最後に紹介するのは「火災事故」です。
秋から冬に掛けて、空気が乾燥してくる季節となると些細なことから大火災に発展してしまう可能性が十分にあります。
そこでここでは、どのような原因によって火災が発生する可能性があるのか、ということや、火災によって発生した被害の補償はどうなるか、ということについて紹介します。

落下事故

落下による事故の危険

転倒事故

転倒してしまう危険性

水難事故

水の被害の恐怖

火災事故

火災への注意