自動車運転に伴う危険

自動車というのはとても便利な乗り物です。
公共の乗り物とは違って、自分のスケジュールで乗ることができますし、目的地も最寄りまで行くことができます。
そして、雨の日にも濡れずに買い物ができたり目的地に行けたりもするので、一度乗ったら手放せない人が多いものです。

しかし、その反面車というのはとても危険な乗り物でもあります。
運転をするということは、交通事故を起こすことも巻き込まれることもあり得るのです。
事故が起きれば自分の命が奪われることも、相手の命を奪ってしまうこともあります。
運転をする際にはそれだけ危険な乗り物に乗っているという自覚も必要です。

しかし、運転する際に事故を起こすことばかりを考えて不安になっていてはまともな運転ができません。
そこでここでは自動車事故で死亡しないためにはどうすれば良いのか、気をつけるべきことを紹介していきます。

シートベルトは安全のための必須条件

運転手や同乗者の中にはシートベルトが面倒臭いという人も多くいます。
しかし、シートベルトは命を守るためにとても重要なものですから必ず着用しましょう。

万が一、事故の際にシートベルトを身につけていないとステアリングやフロントガラスに頭や胸を打ち付けます。
交通事故で損傷を受けて死亡することが最も多いのが頭部と胸部であり、そのリスクを防ぐためには頭と胸を守る必要があるのです。
これに最も有効なのがシートベルトなので、着用は必ずすべきなのです。

意外と知られていないシートの重要性

シートの座り位置も合わせて重要なことです。
安全のためにはシートの座り位置も正しくなければなりません。
座り位置が正しくなければ疲れてしまう原因にもなりますし、シートベルトが正しく作動しなかったりするためです。

特に気をつけるべきなのが後傾角です。
安全のために後傾角は最も木にするべきものでありながら、不足しているものが最近では増えています。
これは乗降性の配慮であったり、だらしない座り方を希望する運転手が増えたりしたことが原因です。

シートの高さを調整すると後ろしか持ち上がらないものであればなおさら危険が増します。
最近リーズナブルな車ではこのようなタイプも増えているので、購入前にシートの後傾角については確認をしておきましょう。

シートの角度が体に合っていないと骨盤が安定しないためにベルトの下を体がすり抜けるさ部マリン現象が起こります。
サブマリン現象が起きると体がベルトに引っかかって首が絞まったり、体が飛び出したりする原因になりシートベルトをしていても死亡する危険が出てくるのです。
そこでただシートベルトを締めるだけでなくシートの後傾角も確認しておくことが重要となります。