交通事故が起こりやすい場所はどこか?

交通事故はどこでも起こる可能性があります。
しかし、やはり交通事故には起こりやすい場所と起こりにくい場所が存在しています。
交通事故が起こりやすい場所を把握しておき、そういった場所を運転、ないしは徒歩・自転車で通過する場合にはより一層注意を払うようにすることが事故を回避するために重要な要素となります。
では、どのような場所で事故が起こりやすいのでしょうか?

まず、最も事故が起こりやすいと言えるのが、見通しの悪い交差点です。
交差点は対車事故、対人事故、いずれも発生し易いという特徴を持っています。
特に二車線以上の道路が交差している場合には視界が悪くなり、見えていない歩行者や自転車を轢いてしまう可能性が高くなります。
ミラーの調整などを行い死角が極力発生しないようにするだけではなく、しっかりと停車の上で安全を確認するような運転方法が必要となります。

交差点で起こる車同士の事故は、自分がいる以外の三方向のうち、どこかの確認が甘いことによって発生している可能性が高いと言えます。
例えば自分が左折をしようとするとき、進行方向に当たる左側と、そこに車が流れる右側の車線については注視をしていても、正面の路線への注意が疎かになってしまっている可能性があります。
こういった時に、直進してくる車と追突してしまう可能性が生じます。

高速道路での事故

また、高速道路も事故が発生しやすい場所となります。
高速道路は一般自動車道に比べると見通しが通りやすい場所が多い変わりに、すべての車の進行速度が早いために、何か問題を発見したとしても高速で対処を取ることが出来ずに事故に発展してしまう可能性があります。
例えば、カーブの向こう側で停車をしている車があったとしても、見つけた時にはブレーキを踏んでも間に合わないということがあります。
こういった時に、運転者側が事故を予見して防ぐというのは簡単なことではありません。

やむを得ない事情で高速道路で停車を余儀なくされた場合には、三角表示板や発煙筒等を利用して、確実に後続車両に停車していることを伝えるようにしましょう。
また、車の側にいるのではなく、ガードレールの外側に避難するなど、生命の危険を回避するように行動することが重要です。
一般道の交通事故でも死亡する可能性があるものが、より高速で追突するということになれば、命が助かる可能性が極めて低くなってしまいます。

ただし、高速道路において停車をして良いのは以下の条件を満たしている場合のみです。
一つ目は、危険防止のための一時停止。
二つ目は、故障などによるやむを得ない停車。
三つ目は、料金支払いのための停車。

これら以外での停車は極めて危険である上、道路交通法違反として罰則の対象となるため注意しましょう。