事故防止の重要性

hyousiki01-019自動車や自転車の事故について考えるのであれば、まずは最も最善なのはどういう状態なのか?ということを考える必要があります。
言うまでもないことですが、「事故が起こらない」というのが他のどんな状態に比べても最善の状態だと言えます。
そのことはおそらく自転車や自動車に乗っている人、徒歩で車道の側を歩く人など、皆が知っていることでしょう。
それでも、事故が起こってしまうのは何故なのでしょうか?

交通事故が起こる原因は大きく3つに分類することができます。
1つは「故意」、もう1つは「過失」、もう1つは「整備不良」です。
この3つのいずれにも該当しない交通事故というのは存在していません。

まずは故意についてです。
もちろん、事故を起こそうと思って事故を起こす人というのはそうそう滅多にいるものではありません。
ここでいう故意の事故というのは、車を運転してはいけない状態で車を運転してしまうことを指しています。

例えば酒気帯び・酩酊運転というのは、明らかに車の運転に問題が生じることがわかっています。
自分だけは大丈夫と思って運転をするのでしょうが、これは故意といって良いでしょう。
最近では、危険ドラッグを使った状態で運転して発生する事故というのも多く見かけるようになりました。
これも当然故意だと言えます。

この他にも、突然意識を失ってしまったり、行動不能に陥ってしまうような病気を抱えている人が、その病気への対策を行わずに車を運転する、というのも一種の故意です。
てんかんを持っているような人は、必ず治療を受けた上で免許を取得するようにしなければなりません。

次に過失についてです。
これは、脇見運転のように、ついついやってしまう行為によって事故が起こるパターンです。
居眠りについては寝不足であることがわかっていながら運転をしているため故意とも言えますが、脇見についてはちょっとしたことでも十分発生する可能性があります。
自動車は高速で動いていますので、一瞬目を離しただけでも一気に距離が進み、事故を起こしてしまう可能性があるのです。

この他には、漫然運転などを挙げることができます。
交通量の少ない場所や、直線道路となると、ボーッと運転してしまう、ということが少なくありません。
こういった注意力を欠いた状態で、イレギュラー的なことが起こると事故に繋がってしまいます。

最後に整備不良についてです。
これは特に説明の必要はないでしょう。
ブレーキが壊れていたり、オートブレーキシステムが上手く働かなったり、というような車体の問題によって発生するものです。
多くは車検によって取り除く事ができますが、それでも発生しないとは限りません。

事故について知っておきたいこと

では、この先で紹介する、事故を防ぐために知っておきたいことについて紹介します。
まず一つ目に紹介するのは「何故事故が起こるのか?」ということです。
上記で軽く事故の原因について説明しましたが、ここではより具体的にその内容に迫ります。
自分と関わりのありそうな事故原因に注目して注意するようにしましょう。

次に「雨の日は事故が起こりやすい?」ということについてです。
天候や気候というのは事故の発生率に影響を与えるファクターだと言えます。
ここでは雨の日や雪の日など、天候要因の交通事故について紹介します。

最後に「事故の起こりやすい場所」について紹介します。
交通事故には、頻発箇所というのが存在しています。
事故が起こるのには必ず原因があります。

その場所で多くの事故が起こるということは、その場所自体に何かしらの要因があることが考えられます。
ここでは、事故要因を持っている場所について紹介します。

これらは、あくまでも事故を防ぐための知識の一端です。
多くのパターンを知り、出来るだけ事故の要因から遠ざかることが事故を予防するために重要なポイントとなります。

なぜ事故は起こるのか?

事故が起こってしまう理由

雨の日は事故が起こりやすい?

天候と交通事故

事故の起こりやすい場所

事故要因をはらんだ場所