車の色と事故の関係

交通事故と因果関係があるとされる事項は多くありますが、あまり注目されることがないのが車の色との関係です。
これは、ニュージーランドのオークランド大学の研究によるもので、車体の色が事故率に関係しているといいます。
では、どのような色の車が安全で、どのような色の車が危険なのでしょうか?

まず、研究によって最も安全であるとされた車体の色は「シルバー」です。
実際の事故率が低いということもさることながら、メタリックな塗装が行なわれている事が多いために、光の反射が起こりやすいことが事故が起こりにくい理由として挙げられています。
暗い場所でもライトの反射によって車の存在が見えやすいため、追突などの事故に遭遇する可能性が低くなる、ということです。

対して最も危険だとされた車体の色は「ブルー」です。
ブルーは「後退色」というもので、本来ある場所よりも後ろ側にあるように見えてしまうという性質があります。
そのため、位置取りをつかみにくく事故にあってしまう可能性が高いようです。

その他の色は?

では、シルバーとブルー以外の車体カラーについてはどうでしょうか?
黒い車については、比較的事故率が低いという結果となっています。
これは、黒い車に高級車が多いため、他のドライバーが事故を起こさないように警戒するためではないか、とされています。

赤い車は青い車とは反対に、進出色であり、本来の場所よりも手前にあるように見えます。
このことから、早い段階で警戒されるために事故が起こりにくい色だとされています。